近日公開

10/26(土)〜『人生をしまう時間(とき)』

終末期に人は、家族は何を望むか?
患者、そして家族と向き合い、最期の日々を共に過ごす―
「在宅死」と向き合うベテラン医師に密着!

 

▼あらすじ
超高齢化が進み、家族に看取られ穏やかに亡くなることを 目指す「在宅死」への関心が高まる昨今。しかし、家族との関係や経済力など事情は人それぞれだ。日々、在宅の終末期医療に奔走する元東大病院の名外科医・小堀鷗一郎医師。人生の終わりに、医療に何ができるのか。患者や家族とともに様々な難問に向き合う地域の在宅医療に携わる人々と当事者家族に密着した、命の現場の記録。NHK BS1で放送され大きな反響を呼び、日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞したドキュメンタリー番組「在宅死“死に際の医療”200日の記録」に新たなシーンを加えて映画化。

 

▼上映期間
10/26(土)〜
上映スケジュールはコチラ

 

▼公式HP
https://jinsei-toki.jp/

 

 

▼予告編


Related Posts