近日公開

9.5(土)〜9.11(金)『豹/ジャガー』『殺しが静かにやってくる』(S.コルブッチ特集)

セルジオ・コルブッチ監督が手がける2作品

『豹/ジャガー』『殺しが静かにやって来る』を上映!

 

『続・荒野の用心棒』に続いてセルジオ・コルブッチ監督が手がけたマカロニ・ウエスタン。

両作品では、今年7月に91歳でこの世を去った名匠、エンニオ・モリコーネが音楽を担当する。エンニオ・モリコーネの独創的なスコアは、数々のマカロニ・ウエスタンを引き立ててきた。マカロニには欠かせないと言われたエンニオ・モリコーネの音楽を、セルジオ・コルブッチ監督が手がける映像とともにご覧あれ!

 

『豹/ジャガー』

▼あらすじ

激動の革命に揺れるメキシコ。凄腕のガンマンであるコワルスキーは、富豪のガルシアからメキシコから移送する銀の護衛を任される。しかし、鉱山はパコが率いるメキシコ革命軍に占拠されていた。パコに取り入り革命軍側に着いたコワルスキーは政府軍をも敵に回してしまう。『続・荒野の用心棒』のセルジオ・コルブッチ監督と主演のフランコ・ネロが再び組んだマカロニアクション超大作。

 

▼上映期間
9/5(土)~9/11(金)※日替わり上映

上映スケジュールはコチラ

 

『殺しが静かにやって来る』

▼あらすじ

1898年ユタ州ノーヒル。賞金首はおろか、無垢の人々をも手にかける冷酷な無法者集団がいた。無法者集団のリーダーのロコ(クラウス・キンスキー)に無抵抗の夫を殺された未亡人ポーリーン(ヴォネッタ・マギー)は、”サイレンス”と呼ばれる賞金稼ぎだけを手にかける凄腕の殺し屋(ジャン=ルイ・トランティニャン)に復讐を依頼する。喋らない主人公、全編を覆い尽くす白銀の世界、黒人のヒロイン、ベッドシーン、マフラーに厚手のコートのガンマンたち、サイレンスの使うモーゼル銃、そしてあまりにも衝撃的なラストなど、観る者の意表を突き続ける伝説のカルト映画。

 

▼上映期間
9/5(土)~9/11(金)※日替わり上映
上映スケジュールはコチラ

 


Related Posts