イベント情報, お知らせ

4.20(土)、4.21(日) 寺尾紗穂ソロ&冬にわかれて LIVE

寺尾紗穂さんのライブ2公演決定!! 
ソロ公演の他、3ピースバンド「冬にわかれて」としても登場!!

 

シンガーソングライターとして、あるいはエッセイストとしてマルチに活躍する寺尾紗穂さんのライブ公演が決定しました。ソロ公演のほか、あだち麗三郎や伊賀航も加わった3ピースバンド、「冬にわかれて」の公演も開催します!

 

■日時:2019年4月20日(土)   17:30開場/18:00開演 寺尾紗穂ソロLIVE
     2019年4月21日(日)15:30開場/16:00開演 冬にわかれてLIVE
■会場:高田世界館
■料金:前売り各 3,800円 (当日4000円) 
      2公演通し券 7000円

《チケット入手方法について》

・高田世界館で直接購入
→3/20(水)より販売開始予定
・メールで予約
→info(at)takadasekaikan.com宛に氏名、枚数、住所を明記の上送りください。当日に現地精算で対応いたします。(前日までにお越しいただければ事前のチケットのお引き換えも可能です。)
※こちらからのお返事のメールをもちまして予約完了となります。お返事が2〜3日たってもない場合、エラー等で届いていない可能性がありますので、お手数ですがお電話でお問い合わせください。(TEL: o25-52o-7626)

《座席について》

・全席自由席(定員180席)
・当日並んだ順でのご入場(場合によっては整理券の配布をします)

 

プロフィール:

寺尾紗穂
1981年11月7日生まれ。東京出身。大学時代に結成したバンドThousands Birdies’ Legsでボーカル、作詞作曲を務める傍ら、弾き語りの活動を始める。2007年ピアノ弾き語りによるメジャーデビューアルバム「御身」が各方面で話題になり,坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。大林宣彦監督作品「転校生 さよならあなた」、安藤桃子監督作品「0.5ミリ」(安藤サクラ主演)の主題歌を担当した他、 CM、エッセイの分野でも活躍中。2009年よりビッグイシューサポートライブ「りんりんふぇす」を主催。2019年まで10年続けることを目標に取り組んでいる。2017年6月に最新アルバム「たよりないもののために」を発表。同曲のMVは写真家の大森克己が初監督作品として手掛け話題になった。坂口恭平バンドやあだち麗三郎、伊賀航と組んだ3ピースバンド冬にわかれてでも活動中。

著書に「評伝 川島芳子」(文春新書)「愛し、日々」(天然文庫)「原発労働者」(講談社現代文庫)「南洋と私」(リトルモア)「あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々」(集英社)「彗星の孤独」(スタンドブックス)があり、新聞、ウェブ、雑誌などでの連載を多数持つ。

 

“冬にわかれて”

『楕円の夢』『たよりないもののために』など揺るぎない名盤を生み出し続け、リリース毎に作品が注目されるシンガー・ソングライター、寺尾紗穂(vo, p)、寺尾のソロのサポートを務めてきた二人――細野晴臣や星野源、ハナレグミなどさまざまなアーティストのサポートを務めるベーシスト、伊賀航(b/lake、Old Days Tailor)、片想いの一員であり、鈴木慶一やHeiTanakaといったアーティストのサポート、その他プロデュースやレコーディングからソロ活動までこなすマルチ・プレイヤー、あだち麗三郎(ds, sax/あだち麗三郎と美味しい水)――の3人から成るバンド。2017年に寺尾紗穂の最新アルバム『たよりないもののために』とほぼ同時にリリースされた7インチ・シングル「耳をすまして」でデビュー。同曲とカップリングの「優しさの毛布でわたしは眠る」(共に新たにミックス)を含むファースト・アルバム『なんにもいらない』を2018年にリリース。

 

冬にわかれて(寺尾紗穂、あだち麗三郎、伊賀航)


Related Posts