イベント情報, お知らせ

5.28(土)『コレクティブ 国家の嘘』トークイベント開催(出演:五百旗頭幸男氏)

 
政治腐敗、既得権益、社会の停滞
今あらためてメディアの役割を問う-

 

5月より当館にて公開のドキュメンタリー映画『コレクティブ 国家の嘘』
公開初日の5/28(土)にトークイベントの開催が決定しましたのでお知らせいたします。
*本イベントはビデオ中継を用いたリモートトークとなります。

出演は、ドキュメンタリー映画『はりぼて 』を監督するなど政治の汚職問題を追及してきた五百旗頭幸男さん。テレビの現場でも活躍する氏とともに、映画の内容を掘り下げていきます。

 

▼開催日時:2022年5月28日(土)『コレクティブ 国家の嘘』12:45の回上映終了後

▼出演:五百旗頭 幸男 氏(ドキュメンタリー映画監督・記者)
(リモートでのご出演となり、現地での登壇はありません)

▼開催時間:約1時間(14:40開始予定)

▼料金:映画鑑賞料に含まれます。
*映画鑑賞料(トーク付き特別料金)
→一般1800円/シニア1300円/会員1500円/高校生以下1000円

※トークのみの参加料:500円
※当日のトークは後日配信(有料)予定

 

【ゲストプロフィール】

五百旗頭 幸男(いおきべ・ゆきお)

ドキュメンタリー映画監督・記者
 twitter→@yukioiokibe

1978年兵庫県生まれ。2003年チューリップテレビ入社。スポーツ、県警、県政などの担当記者を経て、16年からニュースキャスター。20年3月退社。同年4月石川テレビ入社。2017年に富山市議会の政務活動費不正問題を追ったドキュメンタリー番組『はりぼて~腐敗議会と記者たちの攻防~』にて文化庁芸術祭賞優秀賞、放送文化基金賞優秀賞などを受賞。2020年、同じく富山市議会の不正を追い続けた映画版『はりぼて』を監督。同作で全国映連賞、日本映画復興賞などを受賞した。2016年には『異見~米国から見た富山大空襲~』にてギャラクシー賞奨励賞、日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞。2018年には冬季は閉鎖されている立山黒部アルペンルートの通年営業化計画を検証した『沈黙の山』にてギャラクシー賞選奨、日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞。石川テレビ移籍後に発表した2021年の『裸のムラ』にて地方の時代映像祭選奨を受賞した。また、富山市議会政務活動費不正受給問題の取材では菊池寛賞、日本記者クラブ賞特別賞、JCJ賞、ギャラクシー賞大賞を受賞。著書に『自壊するメディア』(講談社、共著)。『富山市議はなぜ14人も辞めたのか~政務活動費の闇を追う~』(岩波書店、共著)がある。

 

 

▼予告編


Related Posts