近日公開

近日上映『バビ・ヤール』

大量虐殺はいかにして始まり、どんな結末を生むのか…
究極のホロコースト映画!

 

「ドンバス」のセルゲイ・ロズニツァ監督が、第2次世界大戦における独ソ戦の最中にウクライナの首都キエフ(現表記キーウ)郊外で起きた「バビ・ヤール大虐殺」を描いたドキュメンタリー。1941年、市中で発生した爆発事件(実際はソ連秘密警察がキエフ撤退前に仕掛けた爆弾を遠隔操作で爆破したもの)の容疑でキエフ在住の全ユダヤ人に出頭命令が下され、キエフ北西部のバビ・ヤール渓谷で33,771名のユダヤ人が射殺された。ホロコーストにおいて、1件で最も多くの犠牲者を出したとされる事件の過程とその後の歴史処理を、全編アーカイブ映像で描き出す。第74回カンヌ国際映画祭ルイユ・ドール審査員特別賞受賞。

 

 

▼上映期間
近日上映予定
上映スケジュールはこちら

 

▼公式HP
https://www.sunny-film.com/babiyar

 

 

▼予告編


Related Posts